きままに過ごしたい夜のジャズ 3選(デュオ編)

今回は夜におすすめの曲としてデュオの名演を紹介します。静かなドラムレスを中心に選んでみました。

 

デュオの魅力とは

ソロ、デュオ、トリオ、カルテット

編成にもいろいろありますが、デュオの魅力は何と言っても掛け合いの面白さではないでしょうか。

 

 

①LIKE SOMEONE IN LOVE/PEOPLE TIME:Kenny Barron & Stan getz

Like Someone in Love

Like Someone in Love

 Kenny BarronとStan Getzによるデュオです。ドラムレスでここまでのスイング感を出せるのはさすがだと思います。

 

②Jazz Samba/Intermodulation:Bill Evans&Jim Hall

Jazz Samba

Jazz Samba

 Bill EvansJim Hall といえばundercurrentが有名ですが実はこの二人はそのあとにもう一枚デュオのアルバムを出しています。それがこのIntermodulationです。

今回紹介したのはその中のJazz Sambaという曲です。あるはずのないドラムの音が聞こえてくるようです。

 

 

③Kind Folk/Still Waters:Kenny Wheeler&Brian Dickinson

Kind Folk

Kind Folk

 

曲を聞いて思い浮かべる景色とジャケット写真がすごくあってると思います。

 

 

デュオ3選いかがだったでしょうか。

 

 

 

 


LIKE SOMEONE IN LOVE:Kenny Barron / Stan getz

 

 


Bill Evans & Jim Hall - Jazz Samba

 


Kenny Wheeler, Brian Dickinson - Kind folk - instrumental